2021愛高教夏季学習会のご案内

2021愛高教夏季学習会 日時 8月21日(土)10:00…

長時間過密労働解消にむけ校長交渉にとりくみましょう

8道県で、「1年単位の変形時間労働制」の導入を可能とする条例「改正」が行われました。「1年単位の変形時間労働制」は、教員の時間外勤務を覆い隠すもので、教員の多忙化解消にはつながりません。 また、県教委の「教員多忙化解消プラン」では、「在校時間が月80時間を超過している教員の割合:全校種0%を目指す」との目標が盛り込まれていましたが、この目標は達成できませんでした。 2020年7月、県教委は、「勤務時間外の在校等時間」の上限を「原則月45時間・年360時間」と定めましたが、この「上限時間」を達成していくために、県教委は「本気」になって長時間過密労働解消に向けた施策をすすめる必要があります。 職場においても、長時間過密労働解消に向けたとりくみをお願いします。 ※分会用の「要求書」(こちら)がありますので、…

日々奮闘している全職員に報いた勧告を

県関係4組合が、愛知県人事委員会に要請(10…

誰もが豊かな暮らしを(5・1 メーデー) 

5月1日は、国内初のメーデー開催から百周年…

愛知県教育委員会に、緊急の申し入れ(4/15)

安全・安心な再開のために 愛高教は、新型コロナウイルスの感染が拡大する事態を受けて、4月15日に愛知県教育委員会に緊急の申し入れを行いました。 教職員のいのちと健康・安全を確保すること、臨時休業中の在宅勤務を認めること、非常勤職員の賃金を保障すること等を要請しました。 県教委は、「先日、『在宅勤務の実施について』の文書を通知しました。この通知をもとに、教材研究をしっかりしていただいて、学校再開に向けてとりくんでいただきたい」などの回答がありました。 さらに、「今後の情勢次第では、急な対応が必要になるが、今回の要請を受け止めて対応していきたい」と述べました。 今回、提出した要請書は、以下の通りです。 愛知県教育委員会教育長 …