憲法と教育を守る愛知の会学習会 愛知の高校入試改革 「特色選抜」って何? 問題はどうなの?

3月の公立高校の入試結果では、2693人のかつてない欠員が生じました。新年度となり、県教委が昨秋に決めた「2023年の新入試」を具体化する入選協の審議が始まります。公教育を充実させるため、教組や市民の運動がより重要になっています。昨秋の「検討会議」で注目されたのは、19府県で行われているとされる「特色選抜」の新たな導入です。学ぶ意欲と主体性の高い多様な生徒を受け入れるためとされていますが、細部は明らかではなく、さらなる受験競争の激化が危惧されます。岐阜県では自己推薦による「特色化選抜」が2002年から実施されました。しかし、「7割の生徒が不合格を経験する」「入試期間が長期化し、中学校が落ちつかない」等の問題が噴出し、2012年に廃止されました。今回、当時の制度廃止の交渉に参加された元岐阜教組の魚次さんを講師に学習会を企画することができました。ぜひ、ご参加いただき入試改革の展望を考えていきましょう。

「憲法守ろう・メッセージボード」を皆で掲げて

愛高教への信頼と期待に 加入の呼びかけで…

F35をこの地で飛ばさない

第24回小牧平和県民集会(10/4) 10月4日、…

戦争より平和を いのちと暮らしを

違憲の安保法制を廃止し、立憲主義の回復を…

核兵器のない世界を望みます

9月14日、「被爆75周年原爆犠牲者を偲ぶつど…

日本学術会議、任命拒否に厳しく抗議します

愛高教執行委員長は、日本学術会議の会員任…

憲法共同センター学習・交流集会(9/8)

「安倍なき安倍政治」を許さない 9月8日、…

いまこそ「憲法のこころ」が生きる社会の実現を

愛高教も参加している「愛知憲法会議」では…

「生きているうちに核兵器廃絶を」原水禁世界大会

〇原水爆禁止2019世界大会・長崎に、愛高教…