公立の夜間中学キックオフ集会開催案内

公立の夜間中学キックオフ集会 学びの権利を実現しよう! 日時 12月18日(日)13:15~ 会場 労働会館東館    名古屋市熱田区沢下町9-7 参加費 無料 プログラム 第1部 13:15~ 「こんばんわⅡ」上映 第2部 14:00~ 全体集会 「愛知県にも、名古屋市にも、公立の夜間中学を作ってください!」 ・全国の現状報告:関本保孝さん(夜間中学と教育を語る会、元区立夜間中学校教員) ・地元からの報告:笹山 悦子 (愛知夜間中学を語る会代表、自主夜間中学はじめの一歩教室主宰者) ・当事者の声:はじめの一歩教室学習者 16:30終了予定 お申込み・お問合わせ 第1部はお申込不要です。直接会場にお越しください。 第2部にZoom参加ご希望の方は、Eメールにてお申込みください。

第4回社会科実践交流会のお知らせ

愛高教社会科実践交流会 第4回 新カリ科目の実践報告と研究 日時 12月10日(土) 17:30~オンライン開催(Zoom)オンライン 参加希望の方はQRコード(下記案内チラシ)または愛高教(aikoukyo@aikoukyo.con)まで ※12月9日(金)17時までに申し込み下さい

職場活動の報告(2学期末)をお願いします

長時間過密労働をただちに解消し、教職員が健康に勤務できる環境を整えるために、愛高教の役割は、ますます重要になっています。愛高教の本部・支部では、学期末にあたり、各分会でとりくまれた職場活動(分会会議、職場新聞、職場教研など)の集約を行います。

教員不足解消県民の集いが開催されます

子どもたちの学ぶ権利を 教員不足解消 県民の集い 「好きな先生が体調不良で休んでいて、2週間ごとに休む期間が延びるプリントを学校は何度もくれるだけで、自習はいつまで続くのかも分からない。」ある中学生の声です。 「欠員は183人」(県教育長)など、教員不足は昨年よりいっそう深刻な状況になり、子どもたちの学びが保障されない事態です。これまで非正規教員が増やされてきた現場、さらに教員不足が新たな長時間労働を招き、職員室には疲労とストレスが広がっています。私たちに何ができるか、ご一緒に考えたいものです。

2022年度愛知県教育研究集会のご案内

2022年度愛知県教育研究集会のご案内 スローガン 憲法と47年教育基本法の精神にもとづいて、生徒・保護者・地域に開かれた参加と共同の学校づくりをすすめよう。子どもの権利条約の精神を活かし、すべての子どもが社会の未来を担う主権者として成長する教育実践をめざして、交流しよう。 日時 10月23日(日)9:30~16:00(受付9:00~) 会場 名古屋市立中央高等学校 参加費 無料(どなたでも参加できます)

2022愛高教夏季学習会のご案内

2022愛高教夏季学習会日時 8月27日(土)10:00~16:30場所 労働会館東館 2Fホール他名古屋市熱田区沢下町9-3金山総合駅(東口)から徒歩15分

2022年度実習教員採用試験相談会のお知らせ

実習教員採用試験を目指す方を対象に相談会を開催します。 採用試験問題の配布やノウハウをお伝えする予定です。もちろん組合員以外も参加できます。気軽にお申し込みください。

第3回社会科実践交流会のお知らせ

愛高教社会科実践交流会第3回 新カリの科目 どうする、どうなる? 日時 8月20日(土) 17:30~オンライン開催(Zoom) オンライン参加希望の方はQRコード(下記案内チラシ)または愛高教(aikoukyo@aikoukyo.con)まで※8月19日(金)17時までに申し込み下さい

職場活動の報告(学期末)をお願いします

長時間過密労働をただちに解消し、教職員が健康に勤務できる環境を整えるために、愛高教の役割は、ますます重要になっています。愛高教の本部・支部では、学期末にあたり、各分会でとりくまれた職場活動(分会会議、職場新聞、職場教研など)の集約を行います。

原水爆禁止2022 年世界大会(広島)のご案内

 広島と長崎に人類史上はじめて原子爆弾が投下され、一瞬のうちに二つの都市が壊滅し、21万人もの命が奪われてから、ことしで77年になります。 「ヒロシマ・ナガサキをくりかえすな」「核兵器をなくせ」と訴え続けてきた被爆者の声とそれを支えてきた原水爆禁止世界大会は、これまでも国際政治を動かしてきました。2021年1月22日には核兵器禁止条約が発効し、核兵器に核の烙印が押されました。この禁止条約の力がいまほど求められる時はありません。 それは、核大国のロシアが国連憲章を踏みにじってウクライナを侵略し、通常兵器による攻撃に対しても核兵器を使用すると威嚇し、核戦争の危機をつくりだしているからです。 ロシアによるウクライナ侵略に対して、世界中の国々が非難し、多くの市民が抗議の声をあげ行動に立ちあがっています。 国際世論の力で、ウクライナからロシア軍を撤退させ、国連憲章にもとづく平和秩序を回復し、すべての国が核兵器禁止条約に参加する新しい世界、「核兵器のない平和で公正な世界」に前進しましょう。 ことし8月に広島で開かれる原水爆禁止2022年世界大会は、国連、諸国政府と私たち市民社会が共同して、核兵器禁止の時代を切り開く歴史的大会になります。 愛高教の皆さん、各支部で代表派遣カンパにとりくみ、支部1名以上を世界大会(広島)に送り出しましょう。